JR三鷹駅北口徒歩3分の個別学習塾
社会人・大学生から高校生・中学生
不登校のかたまでお越しください!

2024年07月のお知らせ

お知らせ

時がたつのは早いもので、もう一年の半分が過ぎました。もう数週間で夏休みです。気づかないうちに疲れがたまってくる頃ですが、皆さん体調はいかがですか? 私は、東京のコロナの感染者数の推移をモデルナ社の発表見て、様子をうかがっていますが、GWで1000人台になりましたが、GWが明けてから、また増え続け最近は、5,000人台に戻っています。


症状や、病院の受け入れ状況など今どのようになっているのか、わかりませんが、とにかく体力、免疫力が落ちるのが一番危険です。だれがいつどこで感染しても不思議ではありませんので、普段の生活での睡眠栄養には気を許すことなく気を付けてください。


先日、朝日新聞に『男女平等 日本118位』と大きな見出しの記事が第一面に載っていました。世界経済フォーラム(WEF)が、世界の男女格差の状況をまとめた2024年版の「ジェンダーギャップ報告書」を発表したのです。日本は、調査対象となった146カ国のうち118位で、前年の125位からは改善したが、主要7カ国(G7)では、最下位だったと書いてありました。ちなみに米国は43位、韓国は94位、中国は106位でした。


普段の生活で男女差別を意識させられることは、「昔より少なくなった」と言われていますが、世界から見ると、日本は、まだまだ差別がたくさんある国に見えているということです。「昔より少なくなった」などと言う感想は、感覚が鈍くなっているということのようです。社会の状況の認識を日常的にアップグレートしなければなりません。


そういえば、小学校の健康診断で、ある医者の児童に接触する態度が、不適切であったという話や、部活(スポーツ)での女子に対する指導が、昔から少しも変わっていず、辛い気持ちを抱えている生徒が少なからずいる様子などの報道がありました。


大学入試の話でも、医学部だけではなく、東大などでも女子枠を設ける(?)という話もあります。また、会社職場などでの差別もよく見ると昔ながらの様子がすぐ見えてきますし、「実は一番差別が少ないと思われている、学校(教育機関)の中に一番男女差別が残っている」と、昔から言われてきたことを思い出しました。身の回りで辛い気持ちにさせられている人がいることや、自分もその加害者になっていることもあるかもしれないということなどに気が付かないままいるかもしれません。自分や自分の周りは大丈夫(?)と安易に考えず、普段から意識して生活をしていないといけないということを、強く考えさせられる報告でした。




予定

7月15日(月) 海の日(いつも通り14:00から塾は開いています)


学校が夏休みになっても、塾はいつも通りで、休塾は木曜日だけです。

塾の開始時間は月火水金14:00から、土日14:30からです。



その他

『○○の会』は、コロナが終息するまで、中止します。